シロアリがお庭にいた|濡れ縁の木部や土中を駆除 愛知、岐阜

シロアリがお庭にいた|濡れ縁の木部や土中を駆除 愛知、岐阜

 

 

ヤマトシロアリがお庭の濡れ縁(縁側)付近から発生しました。

家屋の方には被害が見られませんでしたので、恐らくお庭の方の土中にメインの巣があるのでしょう。

お庭の縁側部分にたたみ1畳分ほどのコンクリートの板が敷かれており、主にその下に生息していたようです。

このお宅は築40年以上にもかかわらず、床下の土台や大引などの木部はキレイなものでしたが、お庭の縁側の足や放置された木材に食害がありましたし、シロアリも確認しました。

 

 

 

基礎外周の土を5~10cmの深さ×横方向に数mほど掘り返して薬剤処理をして、濡れ縁の足は補修して薬剤を塗布し、放置された木材は処分しましたので、もしかしたらシロアリがエサを求めて床下の方に掘り進んで来るかも知れませんし、仮にそうなってもシロアリ集団の勢力が小さければ、散布した薬剤層(5~10cmの深さ)に阻まれてそのまま死滅するかも知れません。

シロアリの駆除は目には見えない土の中のことを、シロアリの生態と現在の生息状況(被害状況)を加味して実施しますので、どんな優れた技術者であっても「100%」とは言い切れないケースもあります。

それを100%にするために必要なのが、先述のとおり定期的に点検なのです。

お金をかけてただ闇雲に薬剤を大量にまいても意味が無いですしお金のムダなのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください