シロアリと羽アリの違いは? 愛知や岐阜では毎年出る?時期は?

シロアリと羽アリの違いは? 愛知や岐阜では毎年出る?時期は?

 

 

シロアリと羽アリの違いは?

 

シロアリは基本的に羽は持っていません。羽アリは元々はただのシロアリです。

シロアリは組織で活動する統合生物ですので、シロアリの中には階級があります。

最も数が多い、普通のシロアリである「働きアリ(職蟻:しょくぎ)」

その次に多いのが「兵隊アリ(兵蟻:へいぎ)」

そして羽アリとして放出される「ニンフ

このニンフというのが、次期の王アリや女王アリとなる幹部候補です。

 

そして女王アリが産卵し過ぎて、シロアリの個体数が増えすぎた場合に、口減らしとして放出されるのが羽アリです。

口減らしとは言え、できる限り生存させるために生殖機能を持った羽アリを放出して、行きついた先で営巣させようというわけです。

しかし残念ながら羽アリの生存率や営巣率は0.1%以下と言われています。

数100匹や数1,000匹飛んだ程度では全滅です。

 

シロアリの生態をあまり理解していないシロアリ業者は、羽アリは「巣別れ」や「営巣目的」が第一義だと思っている人が多いですが、上記のとおり実は違います。

 

 

羽アリは毎年出るの?

 

こちらもお客さまからよくいただくご質問です。

 

前項の続きでご説明しますが、羽アリが発生するのは口減らしが目的でした。

女王アリが産卵し過ぎたりした場合の苦肉の策ですので、必ず毎年出るというものではありません

女王アリが産卵し過ぎた場合や、他には巣の拡大が思うようにいかず、巣の中にシロアリがあふれ返っているいる場合にも、やはり羽アリは出ます。

つまり巣の大きさに対して、そこに住むシロアリの数とのバランスが取れていれば、羽アリは出ません。

 

 

羽アリが出る時期は?

 

羽アリは毎年出るとは限りませんが、羽アリが出る場合、その時期は概ね決まっています。

これはシロアリの種により異なりますが、こちらの愛知(三河の一部を除く)や岐阜では「ヤマトシロアリ」というのが99%以上を占めますが、ヤマトシロアリであれば、ゴールデンウィーク前後~5月いっぱいくらいになります。
そして主に日中の明るい時間帯に飛びます。

 

またイエシロアリという種ですと、6月~7月の梅雨時期に発生します。

そしてこちらは、夕刻以降の比較的薄暗い時間帯になります。

 

時期が決まっていると言うよりは、より湿気た時に飛び立たせたいようです。

その時期がシロアリの種によって多少異なるのです。

よってシロアリがカレンダーのような機能を持っているわけではなく、シロアリが温度や湿度を感じ取って、最適な時期を判断して飛びます。それがおおよそ上記の時期になっているのです。

さすが、生き物の習性というのには感心させられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL