シロアリは5年ごとに必ず予防しないといけないのでしょうか? 愛知、岐阜

 シロアリは5年ごとに必ず予防しないといけないものでしょうか?

 

 

一般的なシロアリ業者がよく言うのが、「5年ごとに薬剤処理しないとシロアリにお家を食べられます」、「5年で薬の効果が切れますから予防しないとダメです」というセリフです。

薬剤の効果は、確かに5年くらいでしょう。しかしそれを5年ごとに必ず予防しなければいけないか?というと、それはNOです。法律的にはもちろん強制されていませんし、実質的にも必ずではありません。

ケースバイケースです。

特に愛知県(三河の一部地域を除く)と岐阜県はヤマトシロアリが主流ですので尚更です。

 

そもそもシロアリというのは、もしいるとすれば基本的にお家やお庭の下の「地中」にいますが、皆さまのお宅の地中に必ずいるものではありませんし、いたとしても必ず床下に侵入して来る(家屋に被害を与える)ものでもありません。

 

よって大切なことは、居る可能性が高いのか? 低いのか?を見極めることです。

きちんとした技術を持っており、且つ良心的なシロアリ業者であれば、その地域性(シロアリの対象種等)、お客さまごとの床下の環境、築年数、シロアリの予防/駆除歴等を把握して、シロアリの兆候があるのか? をある程度判断します。

「居る可能性が低い」と判断したのであれば、無駄に5年ごとに高いお金を払って、床下を薬漬けにする必要もありませんし、薬剤で水浸しにする必要もありません。

 

一般的なシロアリ業者は、そういった

「いる可能性が高いのか、低いのか」

を「判断をしたくないのか」、または「判断ができないのか」

は分かりませんが、業界全体が5年ごとに高額な費用を稼ぎたいので、「いるのか、いないのかを判断する」という考え方にならないのかも知れませんし、単純にシロアリ業者にそれだけの判断力(=技術、知見)が無いのかも知れません。

 

話を戻しまして、しかしいる可能性が低そうと判断した場合でも定期的に点検は必要です。当社では、そのように判断した場合は薬剤は散布せず、点検費用のみご請求して、当然のことながら薬剤費用と施工費用はかかりません。

そして次は例えば5年後にまた点検させていただいて、また兆候が見られなければ、また5年後かそれ以上かという判断をします。

兆候が見られないのであれば、ケースバイケースで点検スパンを長くすれば良いのです。

そうすればムダなお金も薬剤も必要ないのです。

 

 

当社はそれだけの技術と知識と責任をもって作業しています。

 

ちなみに「シロアリの保険」というと500万円とか1,000万円という保証額を目にしますが、ヤマトシロアリ地域で定期的に点検をしていて、そのような額のシロアリ被害はありません。(イエシロアリですらなかなか難しい額です)

定期的に点検をしていれば、仮に被害があってもせいぜい数万円、当社が知る限り10万円を越える被害はありません。

ですから、あのような高額な保険金額を見せること自体が、「予防しないと500万円や1,000万円の被害が出ますよ!」と暗に言っているようなものであり、お客さまに対する大げさな広告 以外の何物でもありません。

少なくとも愛知県や岐阜県などの99%以上がヤマトシロアリしかいない地域のシロアリ業者がその額を謳うのは、本当に腹立たしい限りです。

 

※ヤマトシロアリとイエシロアリの違いについて

 

ですので他社であれば何の判断もできない(したくない)ので、5年ごとに10万円、20万円レベルのお金がムダに飛んでいきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL