床下換気扇はシロアリの予防には効果がない 愛知、岐阜

床下換気扇はシロアリの予防には効果がない

 

床下換気扇はシロアリの予防に効果がありません。 当社としてオススメしない理由が2つあります。

1つ目は「換気扇があってもシロアリは床下へ上がって来る」という点

2つ目は「価格が高過ぎ」という点です。

※床下換気扇自体が必要ないのではなく、シロアリ予防には必要ないという意味です。お家を建てられた大工さんや設計さんと話合われて換気扇を取り付けるのであれば、問題ありません。

 

 

<床下換気扇はシロアリの予防に効果がない>

 

最近のシロアリ業者の大きな収入源の1つとなっています床下換気扇ですが、これがシロアリ予防において効果がないという根拠についてご説明します。

シロアリ業者が換気扇をすすめる理由は「シロアリは湿気ている所に発生する」という考え方に基づいていますが、まずシロアリは特に乾燥が嫌いなわけではありませんので、床下が湿気ていなくても侵入されます。

と言いますか、シロアリは土中などから水分を運ぶことができますから、床下が乾燥していても何ら問題はありません。

シロアリは地中から床下に上がって来る場合は、土の粒と自らの糞で固めた「蟻道」を作り、その中を通って来ますので、床下に湿気があっても無くても関係ありません。

ついでに申し上げますと、換気扇のすぐ近くにその「蟻道」があったりします。

よって床下を換気扇などで乾燥させる必要もないということです。

ではなぜシロアリ業者は「床下換気扇」を勧めるのでしょうか。

その答えは言わずと知れていますが、冒頭のとおり、大きな収入源となっているからです。

ですからシロアリ業者から「床下に湿気があります」「湿気があるとシロアリが来ますよ」と脅かされても、決してシロアリ業者から購入せずに、ご自身でネット等で購入され、ご自身で取り付けるか工務店さんなどに工賃をお支払いして取り付けてもらいましょう。

 

 

<床下換気扇の価格は高過ぎる>

 

床下換気扇が必要ない理由の2つ目として、単純に高過ぎ(利益を乗せ過ぎ)であると言えます。

換気扇のメーカーやデザインなど詳細は各社によって異なりますが、同じような製品をインターネットで検索してみますと、だいたい1万円前後から2万円程度の金額です。

一例としてあげますと、 下の製品はパナソニック製で8,400円です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FY-08FFA1 パナソニック 換気扇 床下換気扇 (即納在庫有) (/FY-08FFA1/)
価格:8400円(税込、送料無料) (2017/11/19時点)

 

 

シロアリ業者は、1台1万円程度のものを「6、7万円」というレベルで提示します。

もっともらしく「弊社の製品は自社オリジナルですから、ネットで売られている物とは違います」ですとか「設置には技術が必要ですので、技術料も含まれている」などと言うケースもあるようです。

しかしそんなことはありません。
ネットで売っている物と同じような仕様ですし、設置に関しても別段難しいことはありません。

全ては、利益を乗せ過ぎなのです。

ついでにもう1つ申し上げますと、木炭や竹炭などの「床下乾燥剤」も同様にシロアリの予防には効果がありませんし、ぼったくり価格であることをお伝えしておきます。

 

 

以上の2つの理由から、床下換気扇はシロアリ予防には必要ありません、と言えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL