木造住宅でもベタ基礎ならシロアリに侵入されにくいため発生も少ない!

 

木造住宅でもベタ基礎ならシロアリに侵入されにくいため発生も少ない!

 

 

シロアリの主食は木材ですから、木造住宅は確かにシロアリの被害を受けやすいです。

しかしそれは床下の土の中にシロアリがいれば、の話ですし仮に土の中にいても定期的に点検さえしていれば、愛知県や岐阜県ではシロアリ被害はそれほど大きくありません。

 

そして基礎がベタ基礎であれば、更にもう少し安心です。

 

 

シロアリとベタ基礎

 

ベタ基礎というのは家屋が建っている部分の土地の全面にコンクリートを敷くわけですので、地中から床下にシロアリが上がって来ようとしても、一面のコンクリートに阻まれて、床下への侵入が非常に困難です。

 

発生がゼロとはいきませんが、明らかにベタ基礎の方が侵入しにくいという理由はお分かりいただけるかと思います。

 

 

そしてこれだけ侵入経路が少ないということは、逆に言えば侵入経路が限られるため、予防をするにも対策がしやすいということになります。

 

そして対策がしやすいということは、布基礎に比べて余分な作業や余分な薬剤を減らすことができるということです。

余分なことを減らすことができれば、最終的に費用も少なくて済むというわけです。

もう一つ付け加えますと、愛知や岐阜のシロアリの対象種は、主にヤマトシロアリですから、駆除においても比較的手間が少ないため、より費用を節約できます。

※国内の主な対象種は、先述のヤマトシロアリとイエシロアリという2種です。(厳密にはもっとたくさんいます)
しかし残念なことに愛知や岐阜で活動しているシロアリ業者は、こういったケースバイケースの対応をせず、一律で高額な金額を設定し請求します。

 

 

当社はお客さまごとの環境の違いやシロアリの生態を十分加味し、適正な作業と適正な費用にて社会に貢献して参ります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください