シロアリ駆除や予防 意外と知られていない業者選びのポイント

 

シロアリ駆除や予防 意外と知られていない業者選びのポイント

 

 

岐阜や愛知でシロアリ業者をお探しの方、お客さまが少しでも適切な作業や適切な金額で、施工をしていただけますように、知っておいていただきたい情報や、あまり知られていないシロアリ業界の裏のお話をさせていただきたいと思います。

業者選びの際の参考にしていただければ幸いです。

 

 

こういう業者はあまり良くない:費用の設定上でシロアリの種類を分けていない。

 

日本国内には主に2種類のシロアリが生息しています。(細かくは、もっと種類がいますが)

ヤマトシロアリとイエシロアリです。

ヤマトシロアリは、ほぼ日本全国に生息していますが、集団の規模も小さく、駆除をするにも比較的簡単に済みます。

(5年ごと等に点検している事が必須条件になりますが)
一方のイエシロアリは、西日本などの主に暖かい地域に生息しており、一つの集団に生活するシロアリの数も多く、ヤマトシロアリの数十倍~多いと百倍というレベルです。

よって床下などに発生すると、駆除するのがなかなか大変なことが多いです。

 

しかし、私たちが住んでいるこの岐阜や愛知県(三河の一部地域を除く)では、99%以上が「ヤマトシロアリ」しか生息しておりません。

対処がしやすい方のシロアリです。

対処がしやすいという事は、その分の費用も安くなければおかしいですよね。

掛かる作業時間も、薬液などの消耗品も大きく変わります。

 

 

しかし良くない業者は、対処がしやすい方のヤマトシロアリでも、一律に高い金額を請求します。

これは利益を下げたくないという考えもあるでしょうし、業者によってはシロアリの生態を理解していないからかも知れません。

いずれにしろ、その負担を負うのはいつも何も知らない消費者=お客様です。

 

良くない業者を見極めるために知っておいていただきたいと思います。

 

 

こういう業者はあまり良くない:坪単価で「駆除費用」と「予防費用」を分けている。

 

一般的なシロアリ業者の金額設定は、「坪単価」です。

例えば、予防の場合は1坪あたり5,000円、駆除の場合は1坪あたり8,000円といった具合です。このシステムも、費用を高額化させている要因の一つです。

 

どういうことかと言いますと、シロアリの生息状況というのは常に床下一杯に広がっているわけではありません。

特に岐阜や愛知は、生息規模の小さいヤマトシロアリが対象ですから、せいぜい床下の1坪、2坪の範囲に営巣している程度です。

しかし良くないシロアリ業者は、「シロアリが発生していましたので、駆除料金で計算します」と言います。
例えば、20坪 × 8,000円で、16万円を請求してきます。

営巣してたのは2坪くらいですので、その2坪だけ、高い方の駆除の金額で、残りの18坪は安い方の予防の金額でいいのではないか、

 

 

と思います。生息していた2坪を駆除したら、あとのシロアリが居なかった所については、予防と同じ作業をするだけですので、これも利益を優先した不誠実なシステムだと思います。

 

ここでは以上の2点についてお伝えしましたが、まだまだお客さまには知らされていない、業界の裏側はたくさんあります。当社はこのような業界の不誠実な体質から脱却すべく、お客様のことを第一に考えております。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください