シロアリはどこから来るの?どこにでもいるの? 愛知、岐阜

シロアリはどこから来るの?どこにでもいるの? 愛知、岐阜

 

 

 

シロアリは一体どこから来るのですか?どこにいるんですか?

 

よくお客さまからいただくご相談です。

 

どこにでもいます。

 

とお答えしていますが

 

これだけでは技術者としては不十分な答えですので、少し詳しくご説明します。

日本国内で、われわれの生活に影響を及ぼす(家屋に危害を加える)シロアリは、主に土壌性です。

ですので、基本的には地中で生活しています。

 

われわれのお家(敷地)の下の土中にいるということになります。

 

これが「地中や地表近くだけではエサが調達できなくなった」り、「シロアリの個体数が増えて(=女王アリがたくさん卵を産んで)巣の拡大が必要になった」など、事由は様々ですが、そのようなタイミングで地上に姿を現します。つまり床下に上がって来ます。

 

よく勘違いされるのが、シロアリはどこからともなくわいてくるものだと思われていることです。

シロアリはれっきとした昆虫ですので、湿気た木材からわいてくる、というものではありません。

 

そして地中から床下に上がって来る際、その途上に薬剤層があるとシロアリの侵入を食い止められるかも知れない、というのが薬剤散布です。

シロアリの予防のためには、まずはシロアリの生態を知っていただくことから始まります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください