シロアリ業者における当たり前品質とは? 魅力的品質とは?

シロアリ業者における当たり前品質とは? 魅力的品質とは?

 

 

シロアリ業者のホームページや宣伝などでたびたび見かけるのが

「見えない所もキチンと施工します!」、「お客様のために一生懸命施工します!」

というフレーズですが、一生懸命作業するのは当たり前ですね。
もともと詐欺や悪徳業者が多い業界ですので仕方ないですが、「見えない所もキチンと施工します」というのは、言い換えれば「ズルはしません」と言っているようなものです。
同業者としては少し寂しいです。。

 

品質管理の立場から少しお話をさせていただくと、品質管理の考え方には「当たり前品質」と「魅力的品質」という言葉があります。

 

 

当たり前品質とは?

 

例えば自動車メーカーが「当社のクルマは、キーを回せばエンジンがかかります!」、「当社のクルマはアクセル踏めば、進みます!」
とアピールしていたらどう思われますか?「そんなの当たり前でしょ!」と思いますよね。そのように「できて当たり前」の内容という意味です。

できても特別に満足感が増えるものではなく、逆にできていないと不満を感じるというものです。

冒頭の「見えない所もキチンと施工します!」、「お客様のために一生懸命施工します!」というのはまさにこの「当たり前品質」ということになります。

クルマは動くのが当たり前、一生懸命作業するのは当たり前で、逆にできてないと不満が募ります。

そして現在の企業が、市場から求められるのが「魅力的品質」です。

 

 

魅力的品質とは?

 

例えば、「当社のエアコンはセンサーが人のいる所を感知して、そこに風を送ります!」、「当社のクルマは人を感知して、自動的に減速します!」といったように「無くても困らないし不満もないけど、あると便利、あると嬉しい」という解釈になります。

付加価値のようなイメージですね。

上記では工業製品で例えましたが、この考え方は製造業に限らずサービス業でも同様のことが言えます。

そして当社がご提供する「魅力的品質」は、シロアリの予防や駆除だけでなく、お家をトータル的にメンテナンスする技術です。

シロアリの予防や駆除というのは、本来、家屋(構造、材料、工法など)の知識が必要です。
「家屋や生活環境」というのはお客さまごとに異なるものですので、その場その場でシロアリの知識や建築の技術を駆使して対応しなければなりません。

 

 

例えば、床下に入るにしても床下への入り口(点検口)が無ければ入れませんので、そういった時は点検口を作るしかありません。

 

 

シロアリの被害があって修繕が必要なら、シロアリの蟻害状況や駆除の状況から判断して、必要最低限で修繕する方法を考えなくてはいけません。

普通のシロアリ業者であれば、別途交通費や日当を支払って建築屋さんを呼ばなければいけませんし、余分な時間もかかりますが、建築屋がシロアリの技術者でもあれば余分な時間は発生せず、費用も安く済みます。

お客さま宅で、シロアリ業者(建築においては素人)が作製したと思われる点検口をたまに見かけますが、タダでもやって欲しくないレベルなのが殆どです。
それでも2、3万ほど請求する業者もあるようです。。

 

また床下に潜る機会というのは、皆さまご存じのとおり滅多にありません。
その時にちょっとした不具合があっても、建築屋であれば、「何をすべきか?」を適切に判断して、その場でできることは、ついでに済ませてしまいます。また対応が必要か?それとも特に何もしなくても問題無いか?の判断ができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください