シロアリ予防の例 愛知県知多市のお客さま

 

シロアリ予防の例 愛知県知多市のお客さま

 

 

施工の一例として、愛知県の知多市でシロアリの予防をしたお宅の例をご紹介します。

 

・家屋の情報

築約9年、木造、ベタ基礎

 

築9年という比較的新しいお宅で、新築時にシロアリ予防して以降放置していたそうですが、このほど心配になりご依頼いただいたようです。他社で見積もりを取ったところ10万円に近い提示だったようで、当社にご用命いただきました。

 

さて、まずは基礎外周の点検からですが、特にシロアリの兆候は見られなかったため、脱衣所の点検口から床下へ。

 

 

ベタ基礎のお宅ではシロアリ被害が一番多い、「玄関」の床下部分です。

なぜ玄関が多いかと言いますと、シロアリは暖かいところが好きで、温度にも非常に敏感です。よって南側に位置することが多い玄関はポカポカと暖かく、地中で巣穴(トンネル)を掘り進む場合、南側に引き寄せられる傾向にあるからです。

 

話が逸れましたが、こちらのお宅は床下からも、実際の玄関からもシロアリの兆候は見られませんでした。

その他も特にシロアリの兆候は確認されず、玄関及び床下部分に薬剤処理をし、予防とさせていただきました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください